会社情報

環境方針

菱電化成株式会社は、かけがえのない地球環境を維持することが世界の人々や社員の幸福につながると考え、事業を発展させる中で全ての事業活動 及び 社員行動を通じて、全員参加による継続的な環境保全に努める。

■ 当社が開発、製造する電気絶縁製品 及び 半導体関連製品等は、多くの電気 及び 電子機器に用いられ、私達の生活や産業に重要な役割を果たしている。
しかし、このような製品の製造や技術開発において、多種多量の化学物質等の材料資源や、電力をはじめとするエネルギーを使用し、環境に与える影響も大きい。
このような認識を踏まえて、事業活動、製品及びサービスが、環境に与える影響を的確に把握し、汚染の予防と環境保全活動の継続的な向上を推進する。

■ 環境関係法、条例 及び 協定、顧客等の当社が受け入れた要求事項を順守する事は勿論のこと、技術的、経済的に可能な範囲で、自主基準を設定し、環境管理レベルの向上に取り組む。

■ 環境問題への取組を、積極的に推進するための組織を確立し、自主管理活動による環境マネジメントシステムの維持向上を図る。

■ 環境保全に配慮した製品の提供・製造技術、省エネルギー・省資源プロセスの導入を積極的に行い消費エネルギー低減、廃棄物等環境負荷の低減を推進するため、以下のことを重点テーマとして取り組む。

  • 温室効果ガスの排出量削減を主眼としたエネルギーの有効利用と省エネルギー活動の推進
  • 紙をはじめとする資源の有効利用
  • 廃棄物の削減と再資源化の推進
  • 化学物質の適正管理と代替化、使用量の低減化の推進
  • 環境への負荷低減を目的とした製品アセスメントの導入と充実

■ 「田園文化都市・三田」の中心地に位置する当社の立地条件をよく認識し、澄んだ空気、きれいな水、豊かな緑の環境を常に大切にするとともに、関係官庁・地域住民・関係企業とのコミュニケーションをよく図り、また、地域社会に対し蓄積した環境関連技術・情報を広く提供する。

■ 事業活動を通じさまざまな資源を利用し、化学物質や廃棄物を排出して、生物多様性にも負荷をかけている。自然環境を含めた社会環境の中で活動するものとして、積極的に環境と調和を図り生物多様性の維持や保護に取り組む。

■ 環境教育等により、組織で働く 又は組織のために働く全ての人に環境方針を周知させ、環境問題に対する意識の向上を図る。

■ この環境方針は地域住民を含めた、一般の人々に公開する。

2017年3月
菱電化成株式会社
取締役社長  

ISO 14001認証取得 JQA-EM0662 本社・工場

このページのTOPへ